建築事務所に所属している一級建築士の表


 

【より高い意匠性で攻める!】WAVE-Sルーバーでウロコ模様を再現!

 

みなさん、こんにちは。JUPITAチームの三輪です。

JUPITAラインナップのWAVE-Sルーバーは、他社製品ではほぼ見られないH150以上の大型ルーバーの製作が可能です。

今回は、WAVE-Sルーバーの特徴を生かしたチャレンジングな試作をお知らせ致します。コンセプトはルーバー定番のスクエア形状から大きく外したデザインで、遊び心を取り入れることに置きました。

実際に天井に設置しますので、安全性や施工性も確保しなければ成功とはなりません。一本のルーバーは半円形を交互にしたデザインで、隣り合うルーバーは円をずらすことで完成の予想はウロコ模様を立体的に再現したいと考えています。

次号は、表装をしたルーバーを天井下地に取付した設置状況をお届けしますので、どうぞご期待下さい!

 
建築事務所に所属している一級建築士の表
建築事務所に所属している一級建築士の表

切り抜いた石膏ボードにYバーを取付けます。高さの大きい部分には補強板を連結させ強度を確保します。

建築事務所に所属している一級建築士の表
建築事務所に所属している一級建築士の表

Yバー本体と補強部分にボード両面を接着剤で貼り合わせ、ビスを打ち込み完成です。

建築事務所に所属している一級建築士の表
建築事務所に所属している一級建築士の表
建築事務所に所属している一級建築士の表

写真を拡大



建築士試験を見直せ、設計3団体が共同提案

 

労働人口減少で建築士のなり手が少なくなった対策として、資格の条件緩和が良いのか、設計料の適正化が必要なのか、安全の兼ね合いや実際の新人建築士が実務出来るのか?といった、どちらかを立てれば、どちらかが立たない多数のトレードオフがあり、私では難しくてどのような解決が良いのか分からないのですが建築士の50代以上が6割を超える一方、30代以下は1割程度という水準に驚きました。

 

建築全体で高齢化の問題は今後も大きな問題としてのしかかってきそうです。

 
出典元:光文社
建築事務所に所属している一級建築士の表

JUPITAとは
石膏ボードや下地を特殊な加工をすることで、従来では作ることができなかった施工を可能にし、現場でのボードカットや、金属加工などが発生しないため事故を減らすことができます。

これまでにない、短納期、工期短縮、高品質を実現する新しい事業です。

こんにちは、JUPITA加田です。

以前のBlogでお話した僕のラーメンTOP3に入る銀座の蛤ラーメン屋さんに先日足を運んでみました。

そしたらなんとお店が無くなっていたんです!!!(汗)

正直店の前で放心状態でした...。

そこで考えたのが『だったら自分でそのラーメンを再現してみよう!』と思いついたのです。

早速ネットで検索すると、殻付きの蛤や蛤エキスのスープ、いろんな種類の中華麺などを見付けまして、良さそうな物をピックアップしお取り寄せしてみました。

そこに自分なりの再現方法を組み合わせて、即席の一杯を作ってみたのです!

味はまあまあでしたが、思いの外成功でした!

ただ、原価2500円の蛤ラーメン、もう二度と作ることは無いでしょう...(汗)

 
 

 

メールが正しく表示されない場合はこちらWebページ版をクリック
本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止 | このメールを転送する


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.