日建スチール|JUPITA
JUPITA Mail News

みなさん、こんにちは。JUPITAチームの三輪です。
今回は「マンションのことならわかるんだー?」の歌でおなじみの、長谷工コーポレーション様市川田尻計画のご案内です。

建物の顔となる「エントランス・ラウンジ」で、間接照明JP型・HTB型と擬似柱で特注造形品を納入させていただきました。ハット型間接照明HTB型と疑似柱には、穴あけ加工やケイカル板を組み合わせるなど、用途に合わせたオプション作業を加えております。

JUPITA製品は石膏ボードがメインの製品ですが、リクエストがあれば今回の様なダウンライト用加工や、表面にケイカル板など、他材料との組み合わせも対応可能です。内装工事での実績も40年以上ございます。加工や関連商材のマッチングなど、なんでもお気軽にご相談ください。
内装工事ニュース

日本人をイメージした63億円の飛行機

ブラジルの航空機メーカー「エンブラエル(Embraer)」が、日本人をイメージした内装デザインを施した飛行機「Kyoto Airship」を発表しました。大きな特徴は天井まで続く「天窓」。大きな観測窓としてジェット機に取り付けられたのは初めてで、座席ではなく床に座っても外の景色を楽しめるようになっています。こうした従来は閉鎖的な空間イメージのある機内を、ガラリと変える意匠性の高いデザインを見ると、新しいインスピレーションが生まれそうですね。

出典:BUSINESS INSIDER
日建スチールの現場で働くスタッフからのお知らせ
東京本部 部長 三輪
東京本部 部長 三輪
JUPITA事業部リーダー三輪です。JUPITAの新製品から最新事例など色んな情報をお届けします。最近、腰痛に悩まされていますが、良い情報をお届けするよう頑張ります。
東京本部 重松
東京本部 重松
JUPITA製造責任者。納期には必ず間に合わせる重松です。JUPITA製造現場からの旬な情報をお届けします。
東京本部 加田
東京本部 加田
JUPITAの新形状から現場のおさまりなど何でもご相談ください。職人視点からのJUPITAの情報をお届けします!
日建スチール|JUPITA

<加田の編集後記>

こんにちは加田です。今年の大型連休は皆さん満喫できましたでしょうか?日頃の疲れが癒やされると良いのですが、家族サービスで疲労困憊されている方もいるでしょうね。

ところで皆さん「アクアリウム」というのをご存知でしょうか。水槽の中に、木や水草・砂や石などを敷き詰めて、立体的に再現する小さな水族館のようなものです。貝やエビや熱帯魚などに合わせて自分で設計し、住みやすい環境を整え、水槽内のビジュアルも気にしつつ仕上げるのが楽しみのひとつです。

幻想的な空間は、見ているだけで癒されるんですよね。建設に携わる人間として、やはり精度の高いものを作りたく、日々奮闘する毎日です。

本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止
メールが正しく表示されない場合はこちらWebページ版をクリック


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.