内装に溶け込むフラットなサイン
建築事務所に所属している一級建築士の表

 

【壁そのものにデザインを刻む!】

内装に溶け込むフラットなサインはどうでしょう?

 

 

みなさんこんにちは!JUPITAチームの三輪です。

1・2月号では、NC加工機を利用した新しい取り組みのご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?

JUPITAオフィスで、実物のLED富士山をご覧いただいたお客様にも驚いて頂けましたので、製作してとっても良かったです!

そのような感じで調子に乗り、今回もNC加工機を利用した空間デザインの幅を広げる取り組みでお届けします。

みなさんの身近なところでも見ることのできる「サイン」に着目しました。
建築用語的に使われるサインとは、広告、看板の事で、社名表示や事業種目、店舗だとブランド表示など、お店を案内するモノです。

付随してスローガンなどもあり、企業がビジョンを示す大事なアイテムです。
※HONDAの有名な「The Power of Dreams」など

文字自体もフォントに無いようなオリジナルの書体(JUPITAもそうです!)でデザイン性もあり、サイン制作は一般的に専門業者へ依頼します。

立体的な文字を並べる「切り文字サイン」プレートに文字を刻む「銘板サイン」の他、
カッティングシートだったり、LEDを仕込んだりと多種多様です。

JUPITAの新提案は、壁素材の石膏ボードに直接デザインを刻む「ソノモノサイン」で石膏ボードに限らず化粧板他、内装材に広くご提案できると考えております。

複雑なデザイン抜きや中間彫りが可能で、工夫次第でLEDを仕込むこともできます。

一般的なサイン製作の切り文字、銘板との違いは、内装材を利用することで、他にはない壁に溶け込むフラットなサインが可能になりますので、オフィスや店舗はもとより住宅であれば、各家庭の家訓まで壁に彫り込むことができるのです!

実際の現場は、必ず表装されますので素材に加工だけでは、仕上りまでのご案内として、まだまだ未完成です。

現場に合わせた塗装、クロス、ダイノックといった表装されたボードにデザイン加工したモノを現場で貼り、周辺取り合いをフラットにできる、試作検討で今後は完成された工程のご案内を目指しますので、どうぞご期待ください!

 

JUPITAロゴです。細い刃で浅く溝を掘り、縁取りの表現にしてみました。

N-PITAで協力関係にある野原産業さんも作ってみました。

細かい表現もお手もの。ロゴデータを元にNC加工機が良い仕事をします。

小さいサイズの限界を知りたく、文字が潰れてしまいました(笑)

大事な企業スローガンも再現可能です。これが壁にフラットに仕込まれたら素敵です。

大手アパレルからご相談でブランドロゴ&メッセージを試作をしたものです。文字も太く、彫りも深い仕様で印象が強くなります。

例えば新店舗の仮囲い壁にオープン告知でこれが彫られていたらちょっと驚きます(笑)

施工事例一覧
製品一覧
フルオーダー制作

 

建築以外のコロナ関連ニュースを調査

 

 

連日コロナ関連のニュースで読むたびに気が重くなりますが、今は情報をきちんと取って予防策が今後の指針を探るべきタイミングだと割り切って、気が重い情報も積極的に取っています!

 

そこで我々建築業界で働くひとは建築業界とコロナのニュースは沢山読んでると思いますので、今回のコロナによって恩恵を受けている業界のニュースから、これから我々の習慣や働き方は根本的にどう変わるのか?という道が見えるような記事があったので紹介します。

 

たぶんこのコロナ騒動は今を生きる我々の脳裏の深い部分に食い込み、生き方、働き方を根底から変えそうな気がしていて、どう変わっていくのか大変興味深いです。

 

ウイルスとは長い闘いになりそうですが、みんなで力をあわせて乗り越えていきたいです。

 


出典元:WIRED

 

建築事務所に所属している一級建築士の表

JUPITAとは
石膏ボードや下地を特殊な加工をすることで、従来では作ることができなかった施工を可能にし、現場でのボードカットや、金属加工などが発生しないため事故を減らすことができます。

これまでにない、短納期、工期短縮、高品質を実現する新しい事業です。

 

 こんにちは、木下です。


コロナの影響で外出も出来ない日々が続き、なんとも気が滅入るので、家でちょっとhappyになれる情報をお届けします。

それは目玉焼きを綺麗に作れる技!人から聞いて毎朝少し嬉しい!
普通目玉焼きを作るときって、フライパンを熱して、卵を入れて水を入れて蓋をして水蒸気の熱で目玉焼きを作る方法ですよね?

でもこれって失敗するリスクがすごく高くて、硬すぎたり、固まらなかったり!とか。

そこで何をするのかと言うと、白身に少しの塩を降って、弱火で熱するだけで綺麗な目玉焼きができます。

この塩を振ることで卵白と黄身の凝固する温度が違うところが解消されるらしくて、やってみると、すごく綺麗な目玉焼きができます!弱火がポイント!ぜひお試しを!

 

正しく表示されない場合はこちら
本メールは info@nikken-st.co.jp よりinfo@nikken-st.co.jp 宛に送信しております。
〒124-0022 東京都葛飾区奥戸6丁目23番3号


配信停止 | このメールを転送する


This is a Test Email only.
This message was sent for the sole purpose of testing a draft message.